Kimono

Group
Irouchikake

白地短冊熨斗目にうらら

白地に大胆に描かれた几帳柄の中に細やかに吉祥文様を配した唐織の色打掛。古くは将軍などの装束や能衣装として着用された唐織物は、唐織西陣を代表する綾織地の上に多彩な色糸を使い、柄を刺繍のように縫い取りで織り出す技法で、錦地の中で最高級とされる織物です。

この着物の試着を希望する 一覧へ戻る

8of12

Kimono List

色打掛